田舎暮らし 田舎ねっと.日本 は全国ネットで田舎物件、田舎不動産、民家、戸建、古民家、土地情報など田舎暮らしを応援!

日本一親切な田舎暮らし支援サイト 田舎ねっと日本
HOME 北海道 東北 北関東 南関東 甲信越 東海 北陸 近畿 中国 四国 九州 沖縄
田舎ねっと.日本をお気に入りに追加

田舎暮らし応援塾

メールde田舎ねっと
最新の田舎物件情報と田舎暮らしに関する「ワンポイント指南!」を週に1度お届けする無料メールマガジンです。お気軽にお申込み下さい。
お名前(全角)必須
メールアドレス(半角)必須
無料ガイドブックプレゼント

お名前(全角)必須

メールアドレス(半角)必須

ご売却希望の方へ

無料 ご売却・査定 物件募集中

田舎物件、田舎暮らし不動産専門の田舎ねっと.日本では、田舎暮らしを目指す皆様にご紹介する田舎物件田舎暮らし不動産古民家ログハウスなどの田舎暮らし物件のご売却をお手伝いいたします。

ご依頼はこちら

加盟店募集中

「田舎暮らし物件」をご紹介してみませんか・・ 『田舎ねっと.日本』 加盟店募集中

人気物件ランキング

今週のBest10

全国の田舎物件の中からクリック数上位ベスト10を発表!1/11UP

1位 兵庫 青垣町 古民家
2位 長野 長野市 古民家
3位 岡山 美作市 戸建
4位 栃木 塩谷町 戸建
5位 三重 美杉町 古民家
6位 奈良 宇陀市 古民家
7位 千葉 富津市 戸建
8位 大分 湯布院町 戸建
9位 新潟 上越市 戸建
10位 北海道 月形町 戸建
ナチュラルライフを始めよう!ダイワハウスの森林住宅地

建物 何でもQ&A

建物メール相談室

建築や建設に関する、どんなご相談やご質問にも無料でお答え致します。
お気軽にご相談下さい。

建築会社一覧

スルガ銀行 無担保ローン
ふるさと回帰支援センターでの講演の様子

代表 古賀 恵一
田舎ねっと.日本

“日本一親切”な田舎暮らし支援サイトを目指し、皆様のお役に立つ・・

田舎暮らしお役立ち情報

暮らし・仕事・医療・教育・レジャー・道の駅・お天気・地図・グリーンツーリズムなど地方ごとに紹介

北海道 東北 北関東
南関東 甲信越 東海
北陸 近畿 中国
四国 九州 沖縄
古民家 大特集
 
在来工法(木造軸組工法)住宅とは

日本でもっとも広く普及しているのが、柱と梁で構成される在来工法、あるいは軸組工法といわれる工法で、住宅全体の80%近くにのぼります。

阪神大震災では、この軸組工法が多大な被害を出したことで広く知られていますが、この被害の実態は、古い建物や耐震基準を満たしていない建物に多く発生し、平成以降の新しい建物ではほとんど被害がありませんでした。

「木の香りを残したい」、といった伝統的な木の文化の中で育ってきた日本人には、無垢の木を使い、随所に木の温もりを感じることが出来る捨てがたい工法なのです・・・

反対にプレカットと呼ばれる工場での木材加工が主流となり、伝統工法と言われつつ、本当の意味での「木を刻む」という大工文化の伝承が危機に瀕している事も事実です。もう、大工・棟梁といった言葉は、都市部では死語になりつつあり、無垢材のフローリング等を取り入れつつ、プレカット工法、剛性床、外壁通気工法、外断熱等々いろいろな工法が研究され取り入れられ、軸組工法といってもその特徴を明確に示す建物は少なくなりつつあります。

また、耐震面では阪神大震災の検証を踏まえ、平成12年に改訂された現在の建築基準法では、構造面が非常に細かく規定され、十分に大きな地震に対応できる構造に変化しました。いままで弱かった部分も2X4の面構造を取り入れた剛性床や集成材の活用により、安定した品質を作り出すことが可能となっています。

在来工法住宅:イメージ1

しかし反対に工法が複雑な分、やはり大工さんなどの技術の習熟度合いによって、仕上がりや耐久性、入居後のクレームといった面でも大きな差が出てしまうのも事実です・・・

どんどん近代化されつつあるけれども、やはり習熟度に左右される工法
と言えるでしょう。


構造上の特徴

1.土台・柱・梁と筋交い・火打ち梁で構成され、耐震面は筋交い
  などが受け持ちます。

2.筋交いの量と配置のバランスが耐震上の決め手となります。


施工上の特徴

1.構造指針があいまいであるため、大工職人や工務店の熟練
  度に左右されやすい。

2.それぞれの結合部の施工が悪いと、将来、きしみ・傾きなど
  の欠陥が表面化してくることがあります。


外壁・外観

1.外壁材料はどんなものでも可能で、極めて自由度が高い。

2.屋根形状も自由にできます。


レイアウトの制約

1.専門的に構造解析すれば、長大空間も可能です。木で造ら
  れた体育館やホールなども可能。

2.レイアウトの自由度は一番高い工法です。


総評

在来工法(木造軸組工法)は、材料や構法、素材の生かしたかた次第で大きく変貌する工法です。そして、それには技術者の力量が大きく左右する建物でもあります。

1.耐震性には、筋交いなどの耐力壁を効果的に配置する設計
  能力も必要で、耐震性能は事前の確認が必要です。

2.耐久性は、一定のレベルまで達しています。

3.断熱性では、次世代省エネルギークラスは、2X4工法よりも
  施工技術が必要となります。

4.古民家再生など、部分的に補強や改修が可能で、どんな工務
  店でも扱うことが出来ます。

在来工法住宅:イメージ2

 
前のページへ 目次 次のページへ
 田舎で住みたい家   -古民家-
 田舎で住みたい家   -ログハウス-
 田舎で住みたい家   -在来工法住宅-
 田舎で住みたい家   -ツーバイフォー工法住宅-
 田舎で住みたい家   -鉄筋コンクリート住宅-
 新築か中古物件か   -新築業者の選び方-
 新築か中古物件か   -中古建物の選び方-
 リゾートマンション    -失敗しない選び方-
 リゾートマンション    -物件確認のポイント-
 

※当サイト内における全ての情報について無断転載を禁止します。著作権は(株)情熱大陸もしくは情報提供者に帰属します。
※当サイトはリンクフリーです。リンクについては こちら をご覧下さい。