田舎暮らし 田舎ねっと.日本 は全国ネットで田舎物件、田舎不動産、民家、戸建、古民家、土地情報など田舎暮らしを応援!

日本一親切な田舎暮らし支援サイト 田舎ねっと日本
HOME 北海道 東北 北関東 南関東 甲信越 東海 北陸 近畿 中国 四国 九州 沖縄
田舎ねっと.日本をお気に入りに追加

田舎暮らし応援塾

メールde田舎ねっと
最新の田舎物件情報と田舎暮らしに関する「ワンポイント指南!」を週に1度お届けする無料メールマガジンです。お気軽にお申込み下さい。
お名前(全角)必須
メールアドレス(半角)必須
無料ガイドブックプレゼント

お名前(全角)必須

メールアドレス(半角)必須

ご売却希望の方へ

無料 ご売却・査定 物件募集中

田舎物件、田舎暮らし不動産専門の田舎ねっと.日本では、田舎暮らしを目指す皆様にご紹介する田舎物件田舎暮らし不動産古民家ログハウスなどの田舎暮らし物件のご売却をお手伝いいたします。

ご依頼はこちら

加盟店募集中

「田舎暮らし物件」をご紹介してみませんか・・ 『田舎ねっと.日本』 加盟店募集中

人気物件ランキング

今週のBest10

全国の田舎物件の中からクリック数上位ベスト10を発表!9/20UP

1位 長野 中野市 古民家
2位 岡山 津山市 古民家
3位 京都 福知山市 戸建
4位 岐阜 七宗町 戸建
5位 三重 美杉町 戸建
6位 兵庫 上郡町 古民家
7位 大分 庄内町 戸建
8位 千葉 茂原市 戸建
9位 山口 周防大島 古民家
10位 奈良 御杖村 戸建
ナチュラルライフを始めよう!ダイワハウスの森林住宅地

建物 何でもQ&A

建物メール相談室

建築や建設に関する、どんなご相談やご質問にも無料でお答え致します。
お気軽にご相談下さい。

建築会社一覧

スルガ銀行 無担保ローン
ふるさと回帰支援センターでの講演の様子

代表 古賀 恵一
田舎ねっと.日本

“日本一親切”な田舎暮らし支援サイトを目指し、皆様のお役に立つ・・

田舎暮らしお役立ち情報

暮らし・仕事・医療・教育・レジャー・道の駅・お天気・地図・グリーンツーリズムなど地方ごとに紹介

北海道 東北 北関東
南関東 甲信越 東海
北陸 近畿 中国
四国 九州 沖縄
古民家 大特集
 
建物のポイント

1.地域の気候風土に合ったマンションか

その地域の気候条件や立地条件を考慮した建設プランになっているかどうかをチェックして下さい。

リゾートマンションは都市部のマンションと違い、そのマンションによって気候条件や立地条件がまちまちです・・・

たとえば、寒冷地なら断熱材の厚さが十分か、二重サッシになっているか、暖房設備は整っているのか、また海辺のマンションならば、潮風に対する塩害対策はどうなってるのか、などの仕様を確認してみましょう。

2.間取りは利用しやすいか

日当たりや風通し、眺望、リビングの広さ、定住の場合は家族の人数に対する部屋の数など、住まいとしての使い勝手をチェックしましょう。

眺望は階数や部屋によっても違うので、未完成の新築の場合は住戸を特定して情報確認しましょう。

3.プライバシーは守れるか

リゾートマンションでは遮音性能を確認することも大切です。せっかく、くつろぎたいと思っても、夏休みや、年末年始などの人の集まる時期に、お隣や、上階の物音や周囲の騒音が気になるようでは落ち着けません・・・

また、周辺に別荘や住宅、リゾート施設の密集しているような地域なら、周辺の建物との窓の位置も確認しておきましょう。視線が気になるようでは、くつろぐことはできません。

4.室内の安全性はどうか

和室や水回りの床などの何げない段差につまずくと、思わぬ事故のもとになることもあります。特に、リゾートでゆったり暮らしたいシニア世帯は、高齢者対応のバリアフリープランになっているかどうかの確認をして下さい。

5.中古の場合は傷み具合はどうか

中古マンションの場合、天井や壁、クローゼットの中にカビやシミがないか、建具の開閉はスムーズか、床のきしみはないか、設備が正常に機能するかをチェックしましょう。

またその際、すぐにリフォームが必要となる箇所と、近い将来リフォームが必要となりそうな箇所のチェックもして下さい。


施設のポイント

1.大浴場の広さ、利用時間は

リゾートマンションでは、温泉大浴場付きが大きな魅力のひとつになる場合があります。ゴールデンウィークや夏休み、年末年始の利用者が増えるときにも対応できる広さが確保されているか、あるいは毎日いつでも入れるのか、利用時間は何時から何時までなのかを確認しておきましょう。

2.共用施設の使い勝手は

スキーロッカーにスノーボードが入らなかったり、トレーニングジムといっても実際には器具が1〜2台しか設置されていなかったり、プールが付いていても期間限定だったりでは、せっかくの共用施設も利用しづらいものです・・・

利用したい施設に関しては、すべて足を運んで自分の目でチェックして、施設の状態と利用できる時間を確認しておきましょう。

3.管理サービスは

フロントや管理事務所での管理サービスを確認しておきましょう。各種サービス内容と有料か無料かの別を、しっかりと確認しておくことが大切です。

4.駐車場の形態と空き状況は

いくら便利な立地でも、田舎にあるのがリゾートマンションです。たとえ駅やバス停が近くて、車を利用することが少なくても車があれば便利です。

駐車場の利用形態と空き状況、駐車料金の確認を必ずしておきましょう。


周辺環境のポイント

1.地域社会との関わりは

リタイア後の定住を考えているならば、そのリゾートマンションがある自治体の行政サービスや、福祉に対する取組み姿勢をチェックしておきましょう。公民館や図書館などの充実ぶりや、各種文化セミナーなどの実施状況などもあわせて聞いておきましょう。

一方、定年前に移住して、田舎暮らしを送りたいと考えている人もいるでしょう。その場合、地元の企業に再就職する道があるかどうかといった点も調べておきましょう。

また、就学年齢の子どもがいるのなら、小・中学校までの道のりや通学時間、総合病院が車で30分以内にあるかどうかなど、一般的な生活環境のチェックも必要になってきます。

2.周辺のレジャー施設は

ゲレンデが近いか、スキーシーズンが終わったら乗馬やゴルフが楽しめるか、海水浴場が近いか、釣りのポイントは近いかなど、自分たちのやりたい趣味やレジャー施設が近くにそろっているかをチェックしましょう。

さらに自分たちだけでなく、将来、子どもや孫が喜びそうな施設があるか、といった視点も加えれば、長期的に利用できる物件が選べるでしょう。

3.自然環境は

最後はやはり自然環境をチェックしましょう。海沿いか山沿いかで景色も環境も、あるいはそこで採れる自然の食材も違ってきます・・・

どんな景色が楽しめるのか、どんな食べ物が手に入るのか、を考えるのも楽しいものです・・・ 

4.自宅からのアクセスは

定住目的以外の方の場合、自宅から現地まで3時間以上もかかるようでは、だんだん面倒になって利用頻度が少なくなってしまいがちです・・・

車の場合、渋滞は季節や曜日、あるいは時間帯によっても異なりますから、現地の先住者にたずねてみましょう。また、鉄道なら最寄り駅から歩けるのか、あるいはバスやタクシー併用になるのかの確認もしておきましょう。

 
前のページへ 目次 次のページへ
 田舎で住みたい家   -古民家-
 田舎で住みたい家   -ログハウス-
 田舎で住みたい家   -在来工法住宅-
 田舎で住みたい家   -ツーバイフォー工法住宅-
 田舎で住みたい家   -鉄筋コンクリート住宅-
 新築か中古物件か   -新築業者の選び方-
 新築か中古物件か   -中古建物の選び方-
 リゾートマンション    -失敗しない選び方-
 リゾートマンション    -物件確認のポイント-
 

※当サイト内における全ての情報について無断転載を禁止します。著作権は(株)情熱大陸もしくは情報提供者に帰属します。
※当サイトはリンクフリーです。リンクについては こちら をご覧下さい。