田舎暮らし 田舎ねっと.日本 は全国ネットで田舎物件、田舎不動産、民家、戸建、古民家、土地情報など田舎暮らしを応援!

日本一親切な田舎暮らし支援サイト 田舎ねっと日本
HOME 北海道 東北 北関東 南関東 甲信越 東海 北陸 近畿 中国 四国 九州 沖縄
田舎ねっと.日本をお気に入りに追加

田舎暮らし応援塾

メールde田舎ねっと
最新の田舎物件情報と田舎暮らしに関する「ワンポイント指南!」を週に1度お届けする無料メールマガジンです。お気軽にお申込み下さい。
お名前(全角)必須
メールアドレス(半角)必須
無料ガイドブックプレゼント

お名前(全角)必須

メールアドレス(半角)必須

ご売却希望の方へ

無料 ご売却・査定 物件募集中

田舎物件、田舎暮らし不動産専門の田舎ねっと.日本では、田舎暮らしを目指す皆様にご紹介する田舎物件田舎暮らし不動産古民家ログハウスなどの田舎暮らし物件のご売却をお手伝いいたします。

ご依頼はこちら

加盟店募集中

「田舎暮らし物件」をご紹介してみませんか・・ 『田舎ねっと.日本』 加盟店募集中

人気物件ランキング

今週のBest10

全国の田舎物件の中からクリック数上位ベスト10を発表!9/20UP

1位 長野 中野市 古民家
2位 岡山 津山市 古民家
3位 京都 福知山市 戸建
4位 岐阜 七宗町 戸建
5位 三重 美杉町 戸建
6位 兵庫 上郡町 古民家
7位 大分 庄内町 戸建
8位 千葉 茂原市 戸建
9位 山口 周防大島 古民家
10位 奈良 御杖村 戸建
ナチュラルライフを始めよう!ダイワハウスの森林住宅地

建物 何でもQ&A

建物メール相談室

建築や建設に関する、どんなご相談やご質問にも無料でお答え致します。
お気軽にご相談下さい。

建築会社一覧

スルガ銀行 無担保ローン
ふるさと回帰支援センターでの講演の様子

代表 古賀 恵一
田舎ねっと.日本

“日本一親切”な田舎暮らし支援サイトを目指し、皆様のお役に立つ・・

田舎暮らしお役立ち情報

暮らし・仕事・医療・教育・レジャー・道の駅・お天気・地図・グリーンツーリズムなど地方ごとに紹介

北海道 東北 北関東
南関東 甲信越 東海
北陸 近畿 中国
四国 九州 沖縄
古民家 大特集
売却・査定お申込み サイト活用ガイド:ご売却希望のお客様へ
 

はじめに

あなたの田舎物件が売却できるかどうかは、あなたが売却を依頼する「不動産業者」が優秀かどうかに大きく依存します。

そこで、ここでは、どうすれば優秀な「不動産業者」を選ぶことができるかをお話ししてみたいと思います。

では、まず最初に、「田舎物件」とは何なのかを整理しておきましょう。

田舎物件とは?

普通、不動産とは土地と建物のことを指します。そして、この「不動産」のことを不動産業者などは「物件」と言います。では、田舎物件とは「田舎の土地と建物」ということになりますが、この「田舎」とは一体何なんでしょう・・・

ちょっとだけ、辞書を引いてみると、次のように書かれています。

  1. 都会から離れた地方。
  2. 田畑が多く、のどかな所。 人家が少なく、静かでへんぴな所。
  3. 生まれ故郷。 郷里。

どうですか、あなたの「田舎」のイメージにピッタリ当てはまりませんか? 誰もが、こうした所にある物件を「田舎物件」と認識していると思います。

ところが、田舎にあるのに「田舎物件」と呼べるのかどうか、ちょっとビミョー?!な物件もあります。例えば・・・

  1. 都会から離れた地方の住宅街に建つ民家。
  2. 田畑が多く、のどかな所にある近代的なリゾートマンション
  3. 人家が少なく、へんぴな所に開発されたにぎやかな別荘地。

などなど・・・ いかがですか、ちょっと悩んでしまいますよね。(~_~;)

では、「地方集落の、田畑が多くのどかな所にたたずむ古民家」 はどうですか?
こちらは、「田舎物件」と言えるでしょう。理由は・・・

  1. 「地方集落の・・・」     → 広い意味での地域性が ◎
  2. 「田畑が多くのどかな所に・・・」 → 周辺環境が ◎
  3. 「古民家」               → 建物の種類が ◎

と、「田舎物件」を連想する上での3つの要素(地域性・周辺環境・物件種類)が整っているからです。

このように、「地域性」「周辺環境」「物件種類」の3つの要素が「田舎物件」という商品のイメージを構成しているのです。

つまり、「田舎物件」とは、田舎暮らしやスローライフを送るための道具として、そのイメージを付加できる土地や建物のことをいうのです。

そして、田舎物件には、一般住宅物件とは違う価値が求められます。どちらかというと、利便性や実用性を重視する一般住宅に対し、田舎物件には、目指す“暮らしぶり”に合う道具かどうか、の価値が求められるのです。

ですから、田舎物件とは、一般住宅物件のように、画一的な基準で良い物件、悪い物件と判断できる商品ではないということです。
田舎物件を売却する上で、あなた自身もこのことを理解し、また、それを扱う業者も、このことを理解しているか、が重要です。

以上ここまで、田舎物件とはどんな不動産なのかについて、ご説明しました。

続いては、田舎物件を売却・査定する場合の業者を選ぶポイントについてお話しして行きましょう・・・

田舎ねっと.日本 の広告掲載付き無料売却・査定→ お申込みはこちらから
多彩な宣伝広告で短期売却!田舎ねっと.日本の売却・査定お申込み

業者選びの4つのポイント
HOMEへ戻る
次のページへ
はじめに 田舎物件とは
田舎物件業者の特徴
1) 情報力
2) 集客力
3) 営業企画力
4) 信頼度
 


※当サイト内における全ての情報について無断転載を禁止します。著作権は(株)情熱大陸もしくは情報提供者に帰属します。
※当サイトはリンクフリーです。リンクについては こちら をご覧下さい。