田舎暮らし 田舎ねっと.日本 は全国ネットで田舎物件、田舎不動産、民家、戸建、古民家、土地情報など田舎暮らしを応援!

日本一親切な田舎暮らし支援サイト 田舎ねっと日本
HOME 北海道 東北 北関東 南関東 甲信越 東海 北陸 近畿 中国 四国 九州 沖縄
田舎ねっと.日本をお気に入りに追加

田舎暮らし応援塾

メールde田舎ねっと
最新の田舎物件情報と田舎暮らしに関する「ワンポイント指南!」を週に1度お届けする無料メールマガジンです。お気軽にお申込み下さい。
お名前(全角)必須
メールアドレス(半角)必須
無料ガイドブックプレゼント

お名前(全角)必須

メールアドレス(半角)必須

ご売却希望の方へ

無料 ご売却・査定 物件募集中

田舎物件、田舎暮らし不動産専門の田舎ねっと.日本では、田舎暮らしを目指す皆様にご紹介する田舎物件田舎暮らし不動産古民家ログハウスなどの田舎暮らし物件のご売却をお手伝いいたします。

ご依頼はこちら

加盟店募集中

「田舎暮らし物件」をご紹介してみませんか・・ 『田舎ねっと.日本』 加盟店募集中

人気物件ランキング

今週のBest10

全国の田舎物件の中からクリック数上位ベスト10を発表!1/11UP

1位 兵庫 青垣町 古民家
2位 長野 長野市 古民家
3位 岡山 美作市 戸建
4位 栃木 塩谷町 戸建
5位 三重 美杉町 古民家
6位 奈良 宇陀市 古民家
7位 千葉 富津市 戸建
8位 大分 湯布院町 戸建
9位 新潟 上越市 戸建
10位 北海道 月形町 戸建
ナチュラルライフを始めよう!ダイワハウスの森林住宅地

建物 何でもQ&A

建物メール相談室

建築や建設に関する、どんなご相談やご質問にも無料でお答え致します。
お気軽にご相談下さい。

建築会社一覧

スルガ銀行 無担保ローン
ふるさと回帰支援センターでの講演の様子

代表 古賀 恵一
田舎ねっと.日本

“日本一親切”な田舎暮らし支援サイトを目指し、皆様のお役に立つ・・

田舎暮らしお役立ち情報

暮らし・仕事・医療・教育・レジャー・道の駅・お天気・地図・グリーンツーリズムなど地方ごとに紹介

北海道 東北 北関東
南関東 甲信越 東海
北陸 近畿 中国
四国 九州 沖縄
古民家 大特集
売却・査定お申込み サイト活用ガイド:ご売却希望のお客様へ
 

1. 情報力

田舎物件業者を選ぶ際の一つ目のポイントは、「情報力」です。

何を使って物件情報を公開しているか?

さて、売却を検討しているあなたに、まずは購入希望者がどんな流れで契約まで動いていくのかを、ご説明しておきましょう・・・

  1.「情報の収集」 → インターネット・情報誌・チラシ・新聞など

  2.「情報の分析」 → 集めた物件資料(情報)を比較検討

  3.「情報の選択」 → 比較検討した情報の取捨選択

  4.「物件の確認」 → 現地を確認して物件を把握

  5.「物件の判断」 → 把握した物件を現実的に検討

  6.「意思決定」  → 購入か見送りの決断

簡単に要約してのご説明ですが、購入希望者のほとんどが、この流れで動いていくのです。(もちろん住宅物件も田舎物件も同様です)

このように、購入希望者はまず、情報の収集→分析→選択と動きます。特に、近年はインターネットの普及もあり、情報が引き出しやすくなっているので、購入希望者は現地見学の直前まで、一度も業者との接点をもたず、自分のペースで「情報の選択」まで済ませてる場合が多いのです。

では、このような購入希望者の動きをみると、業者側の対応で、最初のポイントは、「どのように物件情報を公開しているか」という点です。

おそらく、ホームページ・情報誌・チラシ・新聞・DM・店舗公開等を利用して、物件情報を公開していると思いますが、重要なのは、ホームページです。他のツールは情報公開までに時間が掛かったり、費用が掛かったり、手間が掛かったりする割に効果が弱く、ホーページと比較しても、利点がほとんどないのです。

ホームページで、物件情報を公開しているか、必ずチェックして下さい。

「スピード」「情報量」「手軽さ」など、“できたホームページ”は、あなたの物件売却に役立つ、強力な情報発信ツールなのです。

公開されている物件は常に変化しているか?

では続いて、業者が情報発信ツールとして、ホームページを活かしきれているかどうかを確認してみましょう。

まず、田舎物件の仲介業者が、ホームページを使って発信しないといけないのは物件情報です。より多くの物件を、出来るだけ頻繁に公開できるのが理想です。そうすることで、購入希望者はそのホームページを“品揃えのよいホームページ”として認め、アクセスを繰り返してくれるのです。

ところが、より多くの物件を頻繁に公開するためには、より多くの売却情報の収集が必要になってきます。一般的に、「情報は発信すればするほど収集できる」と言いますが、不動産の仲介業務も確かにそういう一面はあります。が・・・ それだけでは、頻繁に公開できるだけの情報収集は難しいのです。限界があるのです・・・

そこで、大切なのは、物件情報以外の情報提供です。物件情報以外の情報がそのホームページにどれだけあるか。しかも、その情報はお客さんの役に立つ情報か。という点です・・・ この点をしっかり押えたホームページには売却情報も集まるのです。そしてそれが、多くの物件を頻繁に公開できるための、大切なポイントなのです。

ホームページで頻繁に物件情報を更新している業者には、購入希望者が集まります。購入希望者が集まるホームページは売却に役立ちます。

常に物件情報が変化しているかどうか?ここをチェックしておきましょう。

変化の多いホームページは、きっとあなたの売却に役立つツールになるはずです。(^・^)

田舎ねっと.日本 の広告掲載付き無料売却・査定→ お申込みはこちらから
多彩な宣伝広告で短期売却!田舎ねっと.日本の売却・査定お申込み

業者選びの4つのポイント
前のページへ
次のページへ
はじめに 田舎物件とは
田舎物件業者の特徴
1) 情報力
2) 集客力
3) 営業企画力
4) 信頼度
 


※当サイト内における全ての情報について無断転載を禁止します。著作権は(株)情熱大陸もしくは情報提供者に帰属します。
※当サイトはリンクフリーです。リンクについては こちら をご覧下さい。